無料見積・お問合せはこちら
   
フローリングメニュー
フローリングの種類
フローリングの工事費用
問い合わせはこちら
 
フローリングの張替え

一部屋のフローリングリフォームも大歓迎!
フローリングの素材や工事の工法など全てでは御座いませんがご紹介
しています。
畳をフローリングリフォームし和室を有効活用するなど明確でわかりやすい
プランをご用意しました。
お客様の要望に沿ったフローリングリフォームをご提案しています。
当店でリフォームするからには絶対に満足して頂きたいと思いますのでよく検討することをおすすめいたします。

フローリングの種類
複合フローリング材

一般的なフローリング材で合板や硬質チップなどの基材表面に化粧シートや化粧単板を貼り付け表面加工を施した物が複合フローリング材。
カラーやバリエーションも多くコストの幅が広く選びやすい商品。
高価なものは機能性にも優れ耐水性や耐スリ傷性にも強く、床暖房器具が一体化している商品もあります。
逆に安価過ぎるものは表面加工の軟弱さや衝撃にも弱いので注意しましょう。

単層フローリング材

「無垢材」と言われているものが単層フローリング材で一枚の板が基材となっている。
風合いに富み、天然の美しさ味わえる素材。
無垢材がゆえに木の特性が表れるため伸縮による突き上げや、フローリング材どうしの隙間が生じる場合があります。
最近では無垢板を厚さ2oにカットした(挽き板)を複合板に貼り付け自然現象を限りなく抑える画期的な素材もあります。

重ね貼りフロア材

パナソニック製のリフォームフロアで既存のフローリング材を撤去することなくフローリングリフォームが出来る商品。
リフォームフロアの厚みはわずか1.5ミリと多様な現場環境に対応が出来ます。
お手入れもし易く、ウッドプラスチックを採用することで環境にも配慮したフローリング材
また、お住まいの構造によっては従来の12ミリ厚のフローリング材を使用することも可能です。

トップへ
フローリングの工事費用

木造住宅や集合住宅(マンション)の下地の違いによっても工法や材料の違いもありますが、今現在の床の状態によってリフォーム内容が変わってきます。

簡単な床下地の判別
拳で床をコンコン叩いてみるとわかると思いますが木下地の場合は床の下に空間があり拳で叩いた音が響く感じがします。
一方、コンクリート下地の場合は木下地とは違い床の下に空間は無く、硬くて拳の音が響かない感じがします。

補足ですが、集合住宅などのマンションには管理組合による床の防音・遮音規定が設けてある場合が多いのでリフォーム前に管理組合等に確認することをオススメします。
防音・遮音基準についての内容を記載しています

木下地でクッションフロア貼り
床の仕上げ材がクッションフロア(CF)の場合はクッションフロアの下にはコンパネや
構造用合板が貼られている。
リフォームの際はクッションフロアをめくり、その上にフローリング材を張りますがこ
の場合、ドア・引き戸・襖の枠に注意をしましょう。
ドアや引き戸などには敷居や枠がある場合があります。
今までは厚さ2ミリのクッションフロアでしたがこれを厚さ12ミリのフローリングを張
ってしまうと枠の高さを超えてしまい、景観を崩したり怪我の原因にも繋がるため何ら
かの措置が必要になりますので無料の現場調査を依頼して頂きご確認させて頂くことを
オススメします。

コンクリート下地でクッションフロア・カーペット貼り
こちらはコンクリートの床にクッションフロアが貼られています。
カーペットの場合はカーペットの下にフェルトなどの緩衝材が貼られていて部屋の隅に
はグリッパーというカーペットを固定する部材がコンクリートに直接打ち付けてありま
す。

リフォームの際はクッションフロアをめくり、コンクリートの下地を調整しフローリン
グを貼ります。
この時、マンションの場合は防音・遮音基準の有無を管理組合等に確認しましょう。
@と同じく枠の高さに注意しましょう。

和室の畳部屋をフローリングにリフォーム
木造の場合は畳の下に杉板やコンパネなどが張ってありその下には床の根太が組んであ
ります。
畳には20ミリ〜55ミリの厚さがあり畳を撤去する畳の厚さ分床が下がってしまいますので床
をあげる根太組みを必要とします。
畳からフローリングにリフォームされる方はお得な激安プランもご用意しています

フローリングを撤去して新しく貼る場合
これは木造・コンクリート造のどちらにしてもコストが大きくなってしまう工事で
既存のフローリングを撤去するのに時間を要し、廃材の処分費も掛かってきます。

特に築年数が経っている木造の戸建てにおいてはフローリング・フロアの劣化もです
が床下地の骨組みが白蟻に食われていたり、水分や過度の湿気等により腐食して
しまっている場合もありますのでその点の配慮も必要です。

フローリング・フロアに重ねて貼る場合
重ね貼り工法は既存のフローリングやフロアの上に直接重ねて貼る工法で比較的
コストも抑えられ安価にリフォームが可能となりますが下地になるフローリング
やフロアの劣化具合も注意しましょう。
穴が開いていたり凹んでしまう箇所は下地の不良や貼ってあるフロアの不良は補修
が必要です。
最近では重ね貼り専用の部材も種類が豊富になりましたので状況や用途に合わせて
選択することが可能になりました。
枠高さや段差なのどの配慮が必要ない場合は極めて安価にリフォームが出来ます。

トップへ
フローリングの工事費用
戸建て和室6畳間激安プラン
マンション和室6畳間激安プラン
戸建て6畳間張替えプラン
 
トップへ
名古屋市中川区 Y様邸/フローリング重ね貼り
静岡県裾野市 K様邸/フローリング重ね貼り
名古屋市守山区 S様邸/フローリング重ね貼り
愛知県小牧市 M様邸/フローリングリフォーム
名古屋市名東区 /フロアからフローリング
名古屋市中区 カーペットからフローリング
愛知県小牧市 Y様邸/畳からフローリング
愛知県豊田市 Y様邸/カーペットから床暖房フローリング
名古屋市名東区 M様邸/UVフローリングコーティング
トップへ
問い合わせはこちら
QLOOKアクセス解析